第1講

【伝言】

よろしくお願いします。

第2講

【伝言】

高校2年生へ

高校2年生の人は少し聞いてください。

おそらく、みなさんは大学受験をするために日々勉学に励んでいる!?と思います。

まだ高校2年生なので、大学入試まで2年近くありますが、難関大学を目指す人ほど受験勉強を早く始めるに越したことはありません。

しかし、高校2年生というのは、高校生になってから1年が経ち、少しずる賢くなって、適度にさぼり始めてしまうそんな時期です。

「今日はどんな授業をするんだろう、ワクワク」というより、「あ~、授業だるぅ~、」ってなってしまう時期だと思います。

勝手な想像ですが、全国の高校2年生は、なんとな~く授業を受けて、定期試験の前だけ一生懸命勉強をして、その繰り返しで1年を過ごす人が多いと思います。

そして、やがて高校3年生になり、「やばい、マジで受験勉強を始めなきゃっ」て焦り、毎日一生懸命勉強を始めます。

高3は大変
  • 高校3年生になっても新しいことをどんどん学習する
  • 高1や高2の時に習ったものがちゃんと理解できているかを、受験のために基本的に全単元復習し直す
  • ある程度基礎が固まったら、高1、高2のときに習った問題をさらにレベルアップした応用問題を演習する

高校2年生までは、新しく習ったものを定期試験のために頑張って勉強すればいいだけでしたが、高校3年生では、受験勉強のために、新しく習うことに加えて過去のことまで勉強しないといけなくなり、やらないといけないことが一気に増えます

そこで、過去に習ったことがどのくらい定着しているかがものすごく重要になります。

ほぼ0や1の状態から学びなおす人と高1や高2のときに学んだ内容を繰り返して定着している人では合格する可能性や受験勉強の辛さが大きく変わります。

じゃあ、何をすればいいの?

高1、高2の時期は、学校で使っている傍用問題集(体系数学、4STEP、サクシード、クリアー、4プロセスなど)を繰り返しやることが最も重要です。

高3までは、あまり難しい問題は解かなくてもいいので、各単元の基礎~標準問題をしっかり身に着けることに徹底して下さい。

基礎~標準というのは、問題文を見てすぐに解法が浮かぶようなパターン的な問題のことです。

基礎~標準問題がだいたい解けるようになってから、難しい問題にチャレンジするようにしましょう。

本当は共通テストのことなど、まだまだ書きたいことはいっぱいありますが、これ以上書いてしまうとみんなのプレッシャーになってしまい、勉強が嫌になってしまうので、「まとめ」に入ります。

高2のときに頑張っておくと絶対いいから!!
  • 高校3年生になったら、みんな勉強を始めるので、差を埋めたり、差をつけるのが難しい
  • 全国の高校2年生の多くは、1年間をだらだらと過ごすので、差をつける絶好のチャンス(個人的な意見)
  • 今習っている最中の単元は、定期試験をその場しのぎするのではなく、学校で使っている傍用問題集を3回くらい解いて定着させておく
  • 四谷の高2のクラステキストをボロボロになるまで繰り返す

最後は自分で決めること

自分の人生を他人にとやかく言われたくはないと思うので、自分の好きなように生きたらいいと思います。

しかし、私の経験上、どこかで怠けるとその後の人生で必ずツケが回ってきて、怠けた分が数倍に膨れ上がって想像以上にしんどくなるので、なるべく軌道に乗るまでは努力を続けるのがいいと思います。

軌道に乗ったなと思ったら、少し怠けてもいいと思いますが、人生で軌道に乗るのは、社会人3年目以降じゃないですかね(笑)

自分の頭でよく考え、上手くいっている人を少し参考にしてみたり、先生たちのアドバイスを参考にしてみたりして、いろいろ試行錯誤して取捨選択をしながら、自分に合ったものを見つけましょう。

私にできることは数学を教えることくらいしかありません。

たくさんの質問、待ってま~す。

第3講

【伝言】

授業で扱った問題の復習はきちんとやっていますか?

ノートや解答を閉じた状態で、答案を作れるかを必ず確認しましょう。

その問題がいつでも解ける自信がつくまで繰り返しましょう。

また、学校の定期試験が近いと思うので、教科書や問題集で演習をしっかり頑張りましょう。

分からない問題は質問に来てください。

第4講

配布物:複素数 , 複素数(穴埋め後)

【伝言】

学校の定期テスト前だけ、一生懸命勉強するのではなく、普段から勉強する習慣を身に付けましょう。

普段の勉強量がテスト前やテスト期間中と同じなのが理想です。

第5講

配布物:複素数の相等

【伝言】

クラステキストの復習はやっていますか。

高校2年生は、高3生や高卒生と違って、大学受験をするという実感があまり沸かないと思います。

基本的に、大学受験のために通っているという感じではなく、なんとなく塾に通っているという状況だと思います。(かなり失礼なことを言っていると思います。すみません。)

首都圏や関西や都会の進学校は大学受験をするという自覚がそれなりに高いので、学校の授業から熱心に聞き、塾に通っている人たちはさらに、先生たちの知識や考え方を真剣に盗みにいこうと思っているのではないかと思います。

学校が終わって、1日の終わりのクタクタな状態でさらに授業を聞くのは大変だと思いますが、高卒生の難関校を目指しているクラスのように、知的好奇心や探求心、向上心を持って授業に臨みましょう。

頑張れ、高校2年生!!

第6講

配布物:図形と方程式(全部のせ)

以下のプリント「分点公式と円の接線の公式の導出」は配ってませんが、見ておきましょう。 

【伝言】

授業後の復習の徹底をお願いします。本当にお願いします。

ノートや解答で理解するだけではなく、問題だけを見て解答が作れるかを必ず確認してください。

第7講

【伝言】

いよいよ、円の方程式が登場しました。

この単元といえばやはり、円が絡んでくる問題設定が多いです。

しっかり理解しながら進めましょう。

第8講

【伝言】

図形と方程式は、図を描くことが重要です。

図を描くことで、状況を把握したり、情報を得ることができます。

頑張れ、高校2年生!!